医師はどうして転職する?!医師にとっての成功とは?!

医師はどうして転職する?!医師にとっての成功とは?!

 

医師はどうして転職するのでしょうか。また医師にとって成功するということは、どのような状態であることを指しているのでしょうか。詳しく解説していくことにしましょう。

 

まず転職する一番の理由は、年代によっても変わってきます。後期研修が終了して数年経過した若手医師は、医師としてスキルアップしたいということで転職を希望することがほとんどです。

 

また30代後半から40代に差し掛かってくると、仕事相応の収入が貰えるようにしたいということで転職を考え始めることが多いといわれています。

 

尚、50代から60代になってくると、安定した生活を送ることや家族との時間を確保したいということを実現するために、転職をする傾向にあることが分かっているのです。

 

ところで一般的には成功するために転職をする、すなわち地位や名誉をはじめより多くの給料を稼ぐために転職するというイメージが強いといえるでしょう。そもそも、医師にとっての成功とは何なのでしょうか。

 

ある統計によると、約半数の医師が臨床医としての技術を磨き続けながらも多くの患者を救うことと答えています。つまり稼ぐことであったり、社会的に成功したいと考えている医師はほとんど存在しないのです。

 

ということは医師が転職しようと考える本当の理由は、医師としての技術を磨いて一人でも多くの患者を助けるという最終目標に向かうためと言い換えることもできるでしょう。

 

このような転職の動機や最終目標に関しては、転職する際の面接時によく質問されるものです。そのため面接を受ける前には、コンパクトに自らの意思を伝えることができるようにしておいた方が良いでしょう。

 

これらの面接対策に関しては、多くの転職サイトや人材紹介会社でサポートしていますのでそのような機関を利用してみることも一考です。

 

無料登録をして在籍しているコンサルタントにコンタクトを取ることが可能となっていますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

ただしコンサルタントの質は様々で、中には相性が合わないケースもあることでしょう。そのためできるだけ複数の転職サイト等へ登録をして、多くのコンサルタントに相談してみることをおすすめします。

 

中小企業 会社売却